2013.09.11


130911-01

秋色くだもの、続々と到着中。

手前はちょいと珍しい静岡産の紅玉。
貴重です。

奥は無農薬育ちのジューシーなプルーンは、
長野の農園さんから届きました。
とっても大粒なのです!

どちらも、そのまま食べて十分おいしい素材たち。






130911-04

黄色果肉のプルーンは、
ジューシーなシンプルジャムに変身したですよ。

こちらは週末開催予定の、
『ごてんばアート・クラフトフェア』にて、
みなさんにオスソワケ!

今回もどうぞお食べ逃しなく♪




・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【event】9月

ごてんばアートクラフトフェア
9/14(sat)−9/15(sun) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・






Chipakoya

facebook







【季節の素材】 秋色くだもの、ぞくぞくと。 | comments(0) | 季節のびんづめ





2013.07.13


130715-01 

 うまうまジャムができました。
 贅沢なメロンのジャムです。

130715-02 


 赤い果肉のタカミレッド。
 温暖な渥美半島育ち。
 とっても甘くてジューシー!
 

130715-03 
 


 ザクザク大きめにカットした果肉を、
 じっくり煮詰めてゆき、
 香りとお味をギュッと凝縮。

 
130715-04 
 

 オレンジ色の、
 きれいなジャムになりました。
 今度の雑司が谷手創り市(東京)と、
 基地にておすそわけいたします。

 数量限定です。

130715-05 

 自然農無農薬育ちのルバーブが、
 農家さんよりようやく届きました。
 
 
 今年はまだかと心待ちにしていたみなさん、
 お待っとさんでございました。
 こちらも間もなく登場です。

 
 




どうぞお食べ逃しなく。








***



【 Event 】

7月のイベント予定 → click

21日に予定していたkichiオープンは、
20日に変更になりました。
21日は用宗あおぞら市に出店します。
<雨天の場合はkichiオープン>



***











Chipakoya





 


【季節のびんづめ】 できました。 | comments(0) | 季節のびんづめ





2013.03.15


130310-04

フキノトウ。

こちらも春の貴重な素材。

そろそろ温かくなってきたので、
いつもの渓流へ収穫にゆきました。

出てる出てる♪






130310-05

毎年同じ所に発芽するため、
場所を覚えておくと便利なのですよー。






130310-06

ポキっと指先で優しく摘んであげます。





130310-07

鮮やかな黄緑色は、春の色。

その後この子たちは、
お味噌と炊いておいしいフキ味噌に変身したのでした。

昨日ご紹介した花ワサビと共に、
こちらも17日の雑司ヶ谷手創り市にお持ちいたします。

どちらも季節限定です。
春の滋味あふれるお味たちを、
存分にご堪能いただければと思います。

どうぞお食べ逃しなく。




Chipakoya


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


手創り市 雑司ヶ谷 (東京)

日程 2013.3.17(sun)
時間 9:00 − 16:00 (雨天中止)
場所 雑司ヶ谷 鬼子母神 (東京)
add : 〒171-0032
     東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20

Chipakoya出店場所 → 食品ブース12
             (ドーナツの販売はありません)

詳しくは↓コチラでご確認を。
http://www.tezukuriichi.com/home.html




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 Event 】

3月・4月・5月のイベント予定 → click


| new |
5/25-26 
『 クラフトフェアまつもと 』
出店が決定いたしましたー!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



>> オマケ

130310-08

日の当らないところでは、
こんなツララたちがまだ残っているのですね。





130310-09

日本カモシカ(天然記念物)に遭遇。

こんな近くのお山にも、
生息しているのですね。

剥製かと思ったくらい、
ジッと動かずこちらをガン見。

大きくてね、
すっごくかわいいの。

ウリウリしたいぃー。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












フキノトウ。 | comments(0) | 季節のびんづめ





2013.03.14


130310-01

春。

おいしい花ワサビを求め、
今年も有東木へ。

この季節だけの、
貴重な貴重な山のめぐみなのです。


みどりが鮮やか。






130310-02

コンコンと湧き出す湧水で、
大切に育てられたワサビの花たちは、
ここ静岡の春のお味。

収穫して間もない新鮮なうちに、
焼津のかつお節で丁寧にとったお出汁に漬け、
さっぱりといただけるお漬物にしました。

そのまま酒の肴としていただくもよし、
あたたかいご飯と合わせても最高。
刻んでパスタと和えても美味しいのですよ。

こちらは週末の雑司ヶ谷手創り市へ、
ほんの少しだけですがお持ちする予定。
(旬限定素材のため売り切れ終了です)

根わさびの強い辛さとはまた違う、
爽やかで優しい花わさびのお味を、
静岡のお味を、ぜひ一度お試しください。



Chipakoya


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



手創り市 雑司ヶ谷 (東京)

日程 2013.3.17(sun)
時間 9:00 − 16:00 (雨天中止)
場所 雑司ヶ谷 鬼子母神 (東京)
add : 〒171-0032
     東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20

Chipakoya出店場所 → 食品ブース12
             (ドーナツの販売はありません)

詳しくは↓コチラでご確認を。
http://www.tezukuriichi.com/home.html




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 Event 】

3月・4月・5月のイベント予定 → click


| new |
5/25-26 
『 クラフトフェアまつもと 』
出店が決定いたしましたー!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・















春、有東木へ。 | comments(0) | 季節のびんづめ





2012.11.05


Feijoa01

安部川沿いをお山の方へと登って行ったところに、
古く歴史あるとても立派な邸宅があります。
国の登録有形文化財である「鈴木邸」です。

その邸宅の裏庭には、
大きな大きな実のなる木が1本立っていて、
毎年たくさんの果実がたわわに実るのです。

その実の名前は、
フェイジョアといいます。

あまり馴染みのない果物で、
食べ方や加工方法もよくわからない。
熟しても青いままだしカタチも独特で、
お世辞にも美味しそうには見えない。
(ただ完熟した実の香りったらもう♪)

そんな理由からか収穫もされず、
ただ次から次へとボトボト落ちては腐り、
それでおしまい...

「毎年腐らせてしまうだけではかわいそう...
Chipakoyaならおいしく変身させてくれるんじゃなかろうか?」

そんなお話をいただいたのが、
ちょうど去年の夏ごろのこと。

はじめて扱う果物ゆえ、
おいしくしてあげられるか不安だったけれど、
初めて口にするお客さまにもとっても好評で、
おいしいフェイジョアジャムが完成したのでした。

そして今年もたくさん実ったフェイジョアたちが、
鈴木邸よりどっさりと届きました。





Feijoa02

まだ硬い未熟の実、少し熟したきた実、柔らかく香る完熟の実、
ひとつひとつ手に取って確かめながら丁寧に選別し、
完熟したものから順次ジャムにしてゆきます。

鈴木邸出身のフェイジョアたちは、
カタチも、サイズも、てんでバラバラなのだけれど、
人の手を加えられていない無肥料・無農薬の完全自然育ち。
香りがとてもいいのは、そのせいなのかな?

今年もおいしいジャム、こしらえるですよー!


さてさて、
そんなフェイジョアたちのふるさと鈴木邸にて、
今週末素敵なイベントが開催されます。

そして、11/11(日)1日のみですが、
Chipakoyaも飛び入り参加させていただくことになりました!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


「 鈴木邸 2012年 秋の催事 」

開催日時  2012年11月10日(土)〜12日(月) 10:30−17:00
開催場所  鈴木邸(静岡市葵区中ノ郷249)
アクセス  <車>狩野橋から美和街道を北へ約5分(無料Pあり)
       <バス>美和大谷線(静岡駅9番乗り場)乗車→美和団地下車→徒歩5分

・ 詳細はcanary104さんのHP内「schedule」にてご確認を。


* Chipakoyaの出店は11日(日)のみとなります。




国の登録有形文化財である「鈴木邸」にて、
(2010年に登録された為ご存知ない方も多いと思います)
主催者であるとんぼ玉作家/光後明人さん(canary104)を中心とした、
分野の異なる県内外の5名の作家さんたちによる展示会が開催されます。

今年初夏に開催された催事の際には、
Chipakoyaも初めて参加させていただきました。

こんな所に歴史的建造物が残っていたのかと、
初めて訪れる方はみなさん驚かれるようです。
私もそのひとりで、目をパチクリして感動したのを覚えています。
普段は一般公開されていない大切な文化財なので、
開催期間中はとても貴重な3日間でもあります。

そしてこの度Chipakoyaも、
11/11(日)1日だけの参加が急遽決定!

穏やかな鈴木邸や趣ある作品たちの雰囲気を損ねてしまわぬよう、
この日ばかりは”しっとりおしとやかなChipakoya”を演出します。
ゆるり、ゆるりと...

とても小さな小さな展示会なのですが、
鈴木邸を見に来ていただくだけでも価値があるので、
ぜひこの機会にお立ち寄りいただければと思います。

そして同日、鈴木邸より少し足を伸ばした足久保の「sato」では、
A&C静岡手創り市主催のイベント「くらしのこと市」が開催されます。
ちょうど通り道ですので、合わせてお立ち寄りいただければ嬉しいです。




Chipakoya





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 Event 】

11月のイベント予定 → click
<変更あります>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 チームチパコヤメンバー募集 】

各イベント(不定期/主に土・日)等で、
販売補助(接客以外)のお手伝いをしていただける、
チームチパコヤ女子メンバーを募集します♪

ご応募はコチラ → click


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






【素材】 Feijoa/フェイジョア | comments(0) | 季節のびんづめ





2012.11.02


1211-01

沼津市西浦より、
うまうま無農薬キウイ到着。

こちらのキウイさんたち、
名前を「紅心(コウシン)」、
(別名:レッドプリンセス)と申します。

読んで字のごとく、
果芯のまわりがちょいと赤いのが特徴。
(上の写真じゃ全く見えないけれど...)
そして果肉は限りなく黄色に近い薄みどり。

単に”キウイ”と言えど、その数は何十種類もあり、
最も一般的な鮮やかな緑色のヘイワード、
ヘイワードの自然交雑から生まれた香緑(こうりょく)、
近年人気のカラフルなレインボーレッドは、ここ静岡が発祥。
小林さんといわれる方が育成されたのだそうです。

町のスーパーなどでは、
ニュージーランド産などの輸入モノが多くを占めているため、
私の周りでもあまり知られていないのだけれど、
日本で栽培されているキウイの生産量は年間3万トン以上にも及び、
そのうちの7%がここ静岡で収穫されたもので、
驚くなかれ、実は全国シェア5位なのでございます!
ブラボー静岡♪

お茶だけじゃないんです。
みかんだけじゃないんです。

ふふん♪

それから、ご存知だろうか。
キウイってどこか南国的なトロピカル的なイメージで、
夏の果物だと思われがちだけれど、
実はこれから冬に掛けて旬を迎える冬の果物。
だいたい年内いっぱいで収穫を終え、
その後追熟されたものが春ごろまで出回るのです。

今回届いた紅心という品種は、
とても小ぶりでコロコロまん丸。
完熟のものは、お砂糖を付けたみたいに甘く、
トロリとやさしい舌触りなのです。

ジャムをこしらえるのは、
完熟間近まで追熟させたものを使い、
お砂糖は極力抑えたChipakoya仕様。

おいしいキウイジャム、
煮えました。






Chipakoya







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 Event 】

11月のイベント予定 → click
<変更あります>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 チームチパコヤメンバー募集 】

各イベント(不定期/主に土・日)等で、
販売補助(接客以外)のお手伝いをしていただける、
チームチパコヤ女子メンバーを募集します♪

ご応募はコチラ → click


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











【素材】 キウイ:紅心(コウシン)/(別名:レッドプリンセス) | comments(0) | 季節のびんづめ





2012.09.14


準備中...

季節のおいしいビン詰めたち、
ぞくぞくと出来上がってきましたよー。

週末の御殿場で!









Chipakoya


















2012.04.04


120403-04


わさびの花、
見たことあるでしょうか。

あのツンとくる辛さには似合わないほど、
白くて、ちいさくて、とってもかわいいのです。 

静岡の山間部にある、
わさび栽培発祥の地として有名な、
「有東木(うとうぎ)」ではちょうど今が開花のころ。

長い長い坂道を登って行くと、
川沿いに段々になったわさび田が見えてくる。

その清流のきれいなこと。

コンコンと湧き出す湧水で、
大切に育てられたわさびの花たちは、
ここ静岡の春のお味なのです。

収穫して間もない新鮮なうちに、
焼津のかつお節で丁寧にとったお出汁に漬け、
さっぱりといただけるお漬物にしました。

そのまま酒の肴としていただくもよし、
あたたかいご飯と合わせても最高。
刻んでパスタと和えても美味しいですよ。

こちらは週末の静岡手創り市にて、
ほんの少しだけですが登場する予定。
(旬限定素材のため売り切れ終了です)

根わさびの強い辛さとはまた違う、
爽やかで優しい花わさびのお味を、
ぜひ一度お試しください。







120403-01

今回花わさびを分けてくださった、
望月さんのわさび田。
(この時は収穫のため流水を止めています)

田主の望月さんはとっても親切な方で、
わさびの育て方、歴史、おいしい食べ方、
有東木のいろんなお話を聞かせてくれました。

最後は観光案内まで。(笑)






120403-02

わっさわっさと元気に茂る葉の中に、
お花もチラホラ。





120403-03

標高600mの山間にある有東木は、
静岡のチベットと呼ばれているとか。

古くから受け継ぐ伝統行事を今も大切に守り、
現代生活と一体化した暮らしをずっと続けているからなのでしょう。

ここで生まれ育ったワタシの友人は、
そんな暮らしが窮屈だとこの地を去ってしまったけれど、
いま思えば彼女もワタシも若かったな...

望月さんと話しているうちに、
「守るコト」 「伝えるコト」 「継ぐコト」の大切さを、
改めて知った貴重なひと時でした。

心がどうしようもなく疲れてしまったとき、
そんな有東木のヒトたちに会いたくなるんだろうな。

きっとまた。





chipa





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


>> event


静岡手創り市、
いよいよ今週末デス!


ARTS & CRAFT 静岡手創り市


開催日    4/7(sat) − 4/8(sun) 

時 間    9:00 − 16:00 <雨天決行>

場 所    静岡懸護國神社

出店場所  エリア:フードA  ブース:8

アクセス   会場内にご来場者さま用の駐車場はありません。
         公共交通機関又は周辺の有料Pをご利用ください。


アクセスについて詳しくは↓コチラでご確認を。

http://www.shizuoka-tezukuriichi.com/accsess.html






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・















2011.03.28


110321-01


次のイベント(静岡手創り市)に向け、
少しずつ準備進めている今日この頃。

さっそく仲良しの農園さんへ、いちご達を迎えに行ってきました。

目の前に広がるのは、どこまでも続く青い空と青い海...
最高のロケーションにその農園さんはあります。

苗作りから1年がかりで大切に大切に育てられたいちごさんたちは、
どの子もビックリするほど大きくて、ピカピカで、甘くて美味しくて、
ジャムにしてしまうのが本当にもったいないほど、
それはそれは美人さんに育っていました。






110321-02

この子はキラキラ紅ほっぺ。
そのほか、章姫(あきひめ)などが静岡では主流。

同じいちごでも種類によってそれぞれに特徴があるので、
それに合わせた作り方や素材の組み合わせを考え、
その子たちの美味しさを最大限に引き出してあげるのが私の役目なのだと思っている。






110321-03

自らの手で、優しく、丁寧に、ありがとうの気持ちを込めて、
一粒ずつ一粒ずつ丁寧に収穫したいちごさんたちは、
新鮮なうちに下処理をして、

オイシクナーレ オイシクナーレ

呪文を唱えながら、
おいしいジャムへと変身させるのです。




さてさて、今回ご紹介したこのいちごさんたちは、
4/9〜10開催の静岡手創り市にて登場予定!

数に限りがありますので、
ご希望の方はどうぞお早めのご来場を♪



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


A&C 静岡手創り市

4/9 − 10 (雨天決行)

静岡護国神社

9:00 − 16:00









−−−−−−−−−−−−−−− PR −−−−−−−−−−−−−−−
素材たちをお迎えに。 | comments(0) | 季節のびんづめ





2009.06.29


0906-09
 
小ぶりの可愛らしいびわを、
甘いシロップでコンポートしました。

ひとつひとつ皮を剥き、種を取り、種の周りの薄皮を剥き、
下処理が全て終わる頃には指先が真っ黒!

でも、おいしく食べるためです、ガマンガマン...

そのままでも十分美味しいのですが、
コンポートにしてあげると、
生のときとはまた違うツルンとした食感になり、
とてもおいしく食べる事ができるのです。
色も香りもキリリと引き締まる感じがして、
私は生で食べるより断然コンポート派!




0906-10

仕上げにバニラビーンズとスティックシナモンを加え、
ちょっぴり大人なスパイシー風味にしてみました。

冷蔵庫でキンキンに冷やしてそのままツルン!
少し手を加えて白玉だんごを添えてあげると
グンとデザート風に変身します。
フレッシュミントなんかちょこんと添えても素敵ですね♪

そして最後のお楽しみは、
残ったシロップを冷凍庫で凍らせてシャーベットに!
最後までタップリとお楽しみいただけちゃいます♪








☆ こちらのびわのコンポートは、
  近々おすそわけに登場する予定です♪
  どうぞお食べ逃しなく!





びわ、煮えました。 | comments(0) | 季節のびんづめ













1/3 >>



 admin  

skin / uterus